下垂体機能低下症「6」

misato • 2019年 10月 27日
8 コメント
6 いいね

また、1週間....ため息しか出ない。

やっと病院の日。やっと診察。呼ばれた..

部屋に入り座り、先生何、言うのかと思いきや、臨床実験した先生でも、診れるからと...そっちに行ってと...何度もこの病院に来て、採血もして、何この結末。たらい回し?何?

少しパニック🌀😱私は車がないので、いつも父に頼み、診察待ってる時間も付き合ってくれて、父に言ったら激怒。

お金返却してよ...何この内分泌内科の先生...

結局、元の病院に戻った...でも専門分野ではない

その日の内に、元の病院に行く。色々と具合悪い中、説明をし、先生がやっぱり下垂体機能低下症でしたか~と。

薬を出すので、とりあえず、1週間後、来て下さい。そして、また採血...

やっと薬...長かった...コートリル等...携帯で調べてみる。強い薬と書いてある...その強い薬を、いきなり5錠。

飲んだ結果、寒気は治まった。だるさも、幾分、楽。でも疲れやすさは変わらない...

携帯で何度も下垂体について、見ていた。まさか、自分が難病になるなんて、思っても無かった...一生、薬を飲まないとならない...

1週間後、体に変化が訪れる...

下垂体機能低下症「7」続く...

 

 

 

下垂体機能低下症