胆石症状 予兆・入院まで

ゆっきー • 2019年 9月 19日
6 コメント
7 いいね

こんばんは❗

今回は胆石で2度の入院をすることになったいきさつを書きたいと思います。

婦人科入院から約1ヶ月後2016年4月のことでした。

最初は食道と胃あたりに違和感を感じました。

一週間後位に職場で吐き気が止まらなくなり、近くのクリニックへ駆け込みました。そこで採血&点滴&心電図の検査を行ったところ心電図の検査結果で引っ掛かりそこから一番近い大病院である聖路加病院に救急車で運ばれました。

聖路加病院では採血&点滴&レントゲン&CT検査を行いました。結果は心臓の異常なしとなりました、しかし肝心の吐き気に関する治療は一切なく飲み薬を処方されただけで、タクシーで自宅へ帰る羽目になりました。

自宅で薬を飲んでも吐き気は止まらず、やむなく婦人科入院でお世話になった病院へ頼み込み救急車で向かいました。時刻は真夜中、血圧は上が200越えと聞いたことのない数値でした。

病院に到着後、診察&吐き気に対する点滴&1日分の飲み薬の処方をしていただき吐き気は収まりました。ただ、救急処置なので、昼間にもう一度来院してくださいとのことでした。

昼間に来院し、複数日分の飲み薬を処方していただきました。

その後一週間位は普通に生活が出来ましたが、突然全く食事が出来なくなり食べても吐いてしまうようになり再び婦人科入院でお世話になった病院へ駆け込みました。

結果、胆石症状によるものでした。食事が出来ない状態だったこともあり緊急入院となりました。

次回は胆石入院1回目について書きたいと思います。お読みいただきありがとうございました。

 

子宮体癌 胆石