椎間板ヘルニアの新薬、ヘルニコア

いち さん • 2019年 8月 30日
2 コメント
11 いいね

写真は手作りいちごフラペチーノです。氷とミキサーといちごで作ってます。

カップは本家スタバのやつです。(記事には全く関係ありません)

 

椎間板ヘルニアで入院して1ヶ月が過ぎようとしても、全く退院できる兆しが見えませんでした。

寝たきりなので最低限の動作で痛みも少ないのですが、容態が悪化するでもなく、

かといって劇的に改善するわけでもなく、リハビリを毎日一回するだけで、

それ以外はずっとお腹の上のノートパソコンとモバイルwifiで仕事をしていました。

そんなこんなで2019年になり、年末も正月もまったく参加せずにベッドの上で過ごし、ついに1月が終わろうとしている。

 

このままではやばい・・・

 

家にまったく帰れないし、仕事も流石に寝たきりでリハビリしつつだと限界があります。高いパフォーマンスではできませんし、仕事の電話などもすぐには出られません。

そんなときにインターネットのチャットツールで会話をしていた上司が「これを受けてみてください」と、あるwebページを見せてくれました。

 

それが2018年に厚労省に認可されたばかりの新薬、「ヘルニコア」という注射でした。

記事を読んでみると、治験で効く人にはかなり効いており、しかも腰に直接刺す注射なので、手術よりもずっと副作用や後遺症のリスクが少ないとのこと、また保険も使える治療であるとのこと。

保険がきいても6万円くらいで、結構痛い出費でしたが、手術を受けるよりはずっと金銭的負担もマシでした。

 

これを受ければ早く治るかもしれない。教えてくれた上司に感謝して、早速その日に、回診に来た主治医に相談しました。

 

先生はその新薬を知らなかったようでしたが、親身になってすぐに調べてくれて、かつ県内で受けられる病院を探してみると言ってくれました。

 

そしてその1週間後、整形外科から、その注射が受けられる大きな病院に転院が決まりました。

 

つづく。

椎間板ヘルニア