命日に

アイルック • 2020年 5月 13日
3 コメント
5 いいね

▼ここから日記本文を記入してください。

桜の会の皆さんおはようございます。

3年前の今日5月13日は当時入院中最も危険な状態になり命日になったかもしれなかった

忘れられないつらい?正確にはつらかった日です。

この日から約1週間さかのぼった期間はほとんど覚えておらずかなり怖い夢ばかりを

見ていてどれが現実だったのかさえ判断出来ないほど体調悪化が続き、両親が見舞いに

来たらしいですが全く覚えがなくあとで親が言っていましたが多分命日になってしまう

かもという話を両親で話していたようで、帰宅後葬儀業者を調べたりしていたらしい

事をあとで聞きました。おそらく両親があの世に逝きそうな私を呼び止めたのかも

しれません。

その時見ていたある夢は倉庫のような場所にいて近くに数人20〜30代の女性達が

いて見た目外人ばかりでしたが言葉が通じるか試してみたくて、紙に日本人ですか?

と書いたメモをその女性達に見せた覚えがあります。その紙を見ても皆わからない

ような反応だったことも覚えています。その後目が覚めて先生にそういった夢の話を

したりしていて間も無くもっと驚いたことに夢の中で日本人ですか?というメモを

先生が私の個室に落ちていたのを見つけたんです。

私は思わずえーーマジっすか!という感じでさっき先生に話していた夢の内容が

ピタッと一致したんです。その紙はいまも保管して持っています。

 

 

 

 

 

▲こちらのテキストは削除してください。

急性前骨髄白血病